お知らせ

吉川英治記念館文学散歩
「青梅と吉川英治」

参 加 者 募 集

文学散歩リバイバル
吉川英治は、昭和19年から28年まで、現在吉川英治記念館となっている吉野村柚木(現青梅市柚木町)で暮らしました。
疎開から敗戦、その衝撃からの断筆、戦後最大の作品「新・平家物語」の起稿と、吉川英治は青梅で激動の時代を過ごします。
吉川英治記念館では、過去に2度、青梅での文学散歩を実施しましたが、今回、その2度の文学散歩を組み合わせてアレンジし、改めて青梅に残る吉川英治ゆかりの場所を巡ることにしました。(これは7月7日実施予定で募集したものの再募集です)

 

予定コース
JR青梅線二俣尾駅集合。10時にスタートし、吉川英治記念館、吉野公民館跡、万年橋碑などを巡り、15時頃青梅駅前で解散の予定。

 

〈 応 募 要 項 〉

日時
平成30年12月1日(土)
参加費用

2500円(紅梅苑での昼食代を含む)

定員
20名(応募多数の場合は抽選)

申し込み方法

下記申し込み先に、「文学散歩参加希望」と明記し、お申込み下さい。
電話申込みは受け付けていません。
抽選結果は応募者全員にハガキで通知いたしますので、お申込みに際しては住所・氏名・電話番号を明記して下さい。

申し込み先

・ファックス=0428-76-1936
・郵送=吉川英治記念館(〒198-0064 青梅市柚木町1-101-1)
・メール=renraku-yehm@mbr.nifty.com

受付期間

平成30年11月18日(日)まで

問い合わせ先
吉川英治記念館 電話0428-76-1575
備考

リクリエーション保険に加入しますので、申し込みの際は年齢を明記してください。
2名以上の場合は全応募者の氏名、年齢をご記入ください(住所・電話は代表者のみで結構です)。
参加費用は事前の振込となります。ご了承ください。
途中の移動に路線バスを利用しますが、その運賃は各自でご負担ください。